松下幸之助と孫正義の2人から
直接経営を学んだ
日本唯一の男が明かす
「最強経営者の思考法」
売上を10倍、100倍と飛躍させるために
経営者は一体何をすべきなのか?
全83分の特別対談動画
7月17日まで期間限定で無料公開

受付終了

松下政経塾2期卒業、“孫正義の参謀”
と呼ばれた男のプロフィール


嶋 聡

多摩大学客員教授 前ソフトバンク社長室長

松下政経塾二期生として松下幸之助塾長に直接教えを受ける。1996年から2005年まで衆議院議員。議員時代は、鳩山由紀夫代表の知恵袋と呼ばれる。

3期連続当選の後、「政から民へのトップランナーになりたい」と孫正義社長を補佐するソフトバンク(株)社長室長に就任。

以後、2014年までの8年3000日でソフトバンクを売上高1.1兆円から6.7兆円のグローバル企業に飛躍させ「孫正義の参謀」と呼ばれる。

2015年6月、孫正義社長が後継者指名を発表した事を契機にソフトバンク(株)顧問を退任。

多摩大学客員教授として松下幸之助、孫正義から学んだ「飛躍の経営戦略」を講義するとともに、全国で講演活動を行っている。

2017年6月  株式会社ミクシィ 取締役(社外)に就任。
2017年12月  株式会社オークファン 取締役(社外)に就任。


松下政経塾にて二期生として学ぶ

自動車革命で飛躍したトヨタ自動車の奥田社長、
IT革命で飛躍した孫正義社長とともに

中国 習近平国家主席と会談
著書

孫正義の参謀

最強経営者の思考法

孫正義2.0新社長学

“普通”の経営者と“超一流”の経営者では
一体何が違うのか?

初めまして、嶋聡(しま さとし)です。

私は、松下政経塾の2期生の卒業生であり、
孫正義の社長室室長を8年間勤めて参りました。

また、現在は大学教授の傍ら、
中小企業やベンチャー企業の顧問や取締役を務めています。

松下幸之助と孫正義という2人の最強経営者から直接経営を学び、数多くの経営者と触れてきて、普通の経営者と超一流の経営者の違いを知りました。

当たり前の話ですが、松下幸之助も孫正義にも、起業したばかりの時があります。最初から今のような超一流企業を生み出せたわけではありません。

しかし、多くの経営者が起業して会社を大きくして年商規模を大きくしようと日々奮闘しているのにも関わらず、飛躍的な成長を遂げて、日本を代表するような企業を創り上げることができるわけではありません。


その結果の違いを生む違いとは何か?

その違いを知らなければ、会社を飛躍的に成長させることはできません。

その違いを生む違いとは、「経営における思考法」です。

思考⇒行動⇒結果という普遍的な法則がありますが、
結果の違いを生む根本的な要因は、その思考にあります。

結果が出ている経営者の行動をただ真似ても意味がありません。
なぜなら、経営者一人ひとり経歴や能力も、置かれている環境も違いますので、行動を真似しても結果は良くなりません。

大事なのは、どのような思考法で行動しているのかです。
要するに、真似すべきなのは思考です。

その思考法を変えれば、行動も大きく変わり、劇的に結果が変わります。

参謀として共に
仕事をしてきたからこそ語れる
松下幸之助と孫正義に共通する
最強経営者の思考法とは?

松下幸之助と孫正義に関する書籍は、世の中に数多く出版されています。

書籍の中でも、その思考法に触れることは出来るかもしれませんが、その核心部分や具体的な経営戦略における思考法にまでは触れられていません。

しかし、松下幸之助と孫正義と一緒に仕事をしてきて、参謀としての役割を務めて来た私だからこそ語れるものがあります。

そして、実際に書籍などを通して多くの人が抱いている松下幸之助と孫正義のイメージ像とは違う実体の部分を語ることが出来ます。

さらに、その超一流の経営者に共通する思考法が語れるのです。

その超一流の思考法を真似すれば、あなたの会社は飛躍的に成長を遂げることが出来るはずです。

最強経営者の思考法を
中小企業やベンチャーの経営者が
活かせるのか?

もしかしたら、松下幸之助や孫正義だからこそ出来たことであって、私には関係ないことだと思われるかもしれません。
または、規模やスケールが大きすぎて参考にならないと
感じられるかもしれません。

しかし、ハッキリ断言しますが、それは違います。

松下幸之助も孫正義にも、今のあなたと同じような
企業ステージの時代があります。

そのステージから飛躍的に企業を成長させていって今があるのです。

私は現在、その最強経営者の思考法を中小企業やベンチャー企業、IPOや上場を目指す企業に顧問や取締役というかたちでアドバイスや助言をしています。

そして、その関わった企業が今大きく成長を遂げています。
将来的には、日本を代表する企業になっていくでしょう。

そのことを踏まえれば、松下幸之助や孫正義の経営思考法が、中小企業やベンチャー企業に活かせないということはないわけです。

そして今回、その具体的な内容を対談動画の中で語っております。

全83分の特別対談
動画の内容とは?

孫正義が経営組織体を歴史上のどの人物から研究して実践しているのか?
孫正義の元参謀である嶋聡が尊敬する理想の参謀者とNo.2の役割とは?
松下幸之助と孫正義に共通する未来思考とは一体どのようなものか?
「ニッチ戦略思考は馬鹿だ!」孫正義のその言葉の真相真意とは?
最強経営者の時代の読み方と、今後に参入すべき市場と参入の仕方とは?
今参入している業界で未来を予測し実現して業界のトップリーダーになる方法とは?
時流に乗るのは間違い!?本来の時流に乗る経営手法とは何か?
ソフトバンクの始まりは、今のレンタルオフィスのような間借りで社員2名のスタートだった?

孫正義が起業当初に実践していた具体的な情報収集方法とは?
ソフトバンク創業当初は月商200万円、創業2年目に年商20億円を達成した戦略思考は?
Yahoo!もスタートは月商1,000万円。なぜ、孫正義は投資したのか?
嶋聡が顧問の中小ベンチャー企業が、昨年売上5億円から今年売上30億円に飛躍した理由とは?
年商3000万円の会社の努力も年商2,800億円の会社も努力は同じであるのに、どうして結果が変わってしまってしまうのか?
売上5億円の会社が、IPO(上場)を目指すための最短ルートとは?
メジャーリーガーのイチロー選手に学ぶ会社の知名度を上げるための秘訣とは?
創業社長が、営業利益で100億円を達成した経営者は日本で52人。その経営者に共通するものとは何か?

年商10億円の企業が、飛躍させて年商100億円、年商1000億円を達成するためのワープ戦略とは何か?
年商10億円~年商1000億円の会社の経営手法は同じである意味とは?
業種業態よりも、どのような時代であるのかが圧倒的に大事である理由は?
AI、VR、IoTに今から参入するのは遅い!周辺産業で、巨大市場を創る方法とは?
孫正義のM&A戦略に関する考え方とはどのような思考か?
孫正義がビジョンを実現するために大事にしているシェルパとは何か?
孫正義が優秀な人材を口説き落とすために何を考えてどう行動しているか?
セミナーや書籍で勉強しても結果が出ない普通の経営者の思考とは?
インタビュアー

魚住りえ

元日本テレビアナウンサー
フリーアナウンサー
スピーチ・ボイスデザイナー

慶応義塾大学、文学部 仏文学専攻を卒業、日本テレビにアナウンサーとして入社。「所さんの目がテン!」「ジパングあさ6」「京都心の都へ(ナレーション)」などを担当。

2004年にフリーに転身し、テレビ・ラジオを問わず幅広く活躍している。

特に、各界で成功を収めた人物を追うドキュメンタリー番組 テレビ東京系列「ソロモン流」では、放送開始から10年間ナレーターをつとめ、およそ500本の作品に携わった。その温かく、心に響く語り口には多くのファンがいる。

現在、各局のテレビ番組、ラジオ番組レギュラー、CMのナレーションなどを数多く担当している。

また、ボイスデザイナー・スピーチデザイナーとしても活躍中。およそ30年に渡るアナウンスメント技術を活かし、「魚住式スピーチメソッド」を立ち上げ、話し方を磨くための指導を行っている。

インタビュアー

松本剛徹

株式会社リアルネット代表取締役
慶應義塾大学環境情報学部卒業後、富士通株式会社に入社。その後、株式会社ディー・エヌ・エーを経て、株式会社リアルネットを設立。

インターネットマーケティング(PC・スマートフォン)事業を展開。Yahoo!リスティングプロフェッショナル認定、Googleアドワーズプロフェッショナル認定の資格を保有。さらに、キーワードマーケティング研究所の認定パートナーでもある。

スマートフォンマーケティングにより大企業から中小企業、個人事業主を含め、300社以上の企業の売上を上げてきた実績を持つ。
化粧品事業も展開しており、売上10億円を見込んでいる。

メディア掲載・出版

・『COMPANY TANK』2012年5月号
・著書『ゼロからはじめるスマートフォン集客術』

    

セミナー登壇実績

・神田昌典の『マーケティング白熱会議2016』
・2016年 日本経営合理化協会『スマホ通販のやり方』』
・2017年 現東京都知事の小池百合子氏、ローソン元会長玉塚氏、メンタリストのDAIGO氏等、多くの著名人が登壇する「全国経営者セミナー」にて登壇。

全83分の特別対談動画
7月17日まで期間限定で無料公開

受付終了

本ページでは弊社の収集した個人情報の取り扱いについてのポリシーをお知らせしております。弊社はお客様のプライバシーを第一に考え運営しております。弊社の商品をご購入された場合や弊社に個人情報を登録して頂いた場合は、弊社のプライバシーポリシーにご同意くださったものと考えさせていただきますので、本プライバシーポリシーの内容を熟読してご理解下さい。

お客様の個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しております。ここに個人情報とは、生存する個人に関する情報であって、お名前、自宅および会社の住所、電子メールアドレス、電話番号などの連絡先を含めた、お客様を特定するに足る情報を指します。以下も同様とします。

個人情報の収集
弊社では、必要最小限の個人情報をいただく場合がございます。個人情報の収集は、適法かつ公正な手段により、本人の同意を得た上で行います。弊社に個人情報を提供するかどうかは、お客様ご自身が選択できます。個人情報を記入して頂くページにて、情報を提供する意思があるかどうかをお決めください。

個人情報の保護
弊社は、お客様の情報の安全と保持が最重要であると考えております。お客様からご提供頂いた個人情報を適切な方法で管理し、お客様の個人情報の紛失や漏洩などが起きぬよう、合理的な措置を講じます。

個人情報の利用
弊社は、お客様から個人情報をご提供いただく場合には、法令に定める場合を除き、あらかじめ、その利用目的を明示いたします。
弊社は、法令に定める場合を除き、お客様よりご提供いただいた個人情報を、業務の遂行上必要な限りにおいて使用いたします。また、業務の遂行上、お客様の個人情報を、第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第三者に委託する場合があります。
この場合、弊社は当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。

個人情報の第三者への開示
お客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合を除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供されることはありません。
弊社は、お客様よりご提供いただいた個人情報を、弊社が明示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいてお客様の同意を得ないで、お客様の個人情報を第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第三者に委託する場合があります。その他お客様が弊社経由で弊社以外の企業・団体に対して情報提供、サービス提供、商品の注文、応募、接触、仲介をご依頼された場合や、それらの企業・団体が関係するセミナー等の申し込みをされた場合などには、当該企業・団体に個人情報を開示・提供することがあります。
これらの場合、弊社は、当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。また、お客様からのお申出があれば、法令に従い、第三者への提供を停止いたします。

登録情報の訂正・開示等
ご本人の個人情報について照会や訂正を求められる場合は、確認を取らせていただいた上で適切かつ迅速に対処いたします。

プライバシーポリシーの変更
プライバシーポリシーは随時変更されます。個人情報の収集、利用及び/又は共有方法に重要な変更を行う場合には、このプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトの目立つ場所に掲載することによってお知らせします。このプライバシーポリシーに関する重要な変更はこのプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトに通知を掲載した日から有効となります。このプライバシーポリシーの変更は、弊社からの変更通知前にお客様が提供した個人情報の利用に影響を及ぼすことになります。弊社の個人情報の利用に関する変更に同意できない場合には、個人情報削除の意向を弊社に通知しなければなりません。

【注意事項】
本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。